砂糖が固まらない方法、固まったときの対処法!固まらないようにするには?

目次

砂糖が固まらない方法

砂糖は湿気で表面が解け、乾燥すると固まります。

キッチンは水回りで湿度もあったり、火を使って乾燥したり。湿度の変化が大きいので砂糖が固まりやすい環境になります。

砂糖が固まらないようにするには、湿度の変化をできるだけ少なくするのがコツ。

砂糖が固まらないための具体的な方法を紹介します。

密閉容器に保管

湿気と乾燥が原因で砂糖が固まるなら、外気に触れさせない!密閉容器に保管です。

特に砂糖は大入りの袋で購入した後、一部は調理用の容器に移し替えて、残った砂糖のはそのままの袋で保管することが多いですよね。残った砂糖も固まってしまいます!

残った砂糖をチャック付きの密閉できる袋に移しておくだけで、保存しておいた砂糖は固まらず、場所もとりません。

マシュマロを一緒に入れる

砂糖が固まらない方法、固まったときの対処法!固まらないようにするには?

マシュマロを一緒に入れると聞いて驚きますよね。

なんとマシュマロには湿度を保つ効果が!湿度の変化に弱い砂糖を守ってくれます。

密閉容器に入れた砂糖の上にマシュマロをぽんっと置くだけ!密閉容器+マシュマロ効果で砂糖の固まりをブロックです。

珪藻土スプーンを入れる

バスマットで有名な珪藻土。

今は珪藻土スプーンもあるんです。珪藻土スプーンを砂糖の保存容器に入れるだけ。

この珪藻土スプーンは吸湿性が高く、ちょうど良い湿度に保ってくれるので砂糖が固まらないようにしてくれます。

珪藻土スプーンが湿度をどんどん吸湿すると、容器内の湿度を吸収しきれなくなり効果が弱まってきますが…
その際は珪藻土スプーンをレンジでチンするだけで効果が元通り。

珪藻土スプーンは実用性もあって繰り返し使えるので便利ですね!

顆粒砂糖(フロストシュガー)を混ぜる

顆粒砂糖(フロストシュガー)って何?と思うかもしれません。プレーンヨーグルトについている大き目の粒の砂糖です。

この顆粒砂糖を保管している砂糖に混ぜるだけで固まるのを予防できます。顆粒砂糖は砂糖なので、味は変わりません。

ただ、最近は顆粒砂糖(フロストシュガー)がプレーンヨーグルトについていないですよね…。

砂糖が固まったときの対処方法

砂糖が固まらない方法、固まったときの対処法!固まらないようにするには?

砂糖は湿気で表面が解け、乾燥すると固まるので、水分を加えれば砂糖の固まりが解消できます。

だからってペットボトルの水をドボドボとそのまま入れるのはダメ!

砂糖への水分の加え方を紹介しますね。

霧吹きでシュッと

  1. 水を霧吹きの容器に入れ、砂糖が入っている容器にシュッとかけ密閉。
  2. 約3時間後に砂糖の固まりがなくなっているか確認。
    スプーンやお箸で混ぜでみましょう。
  3. 固まった砂糖がほぐれているようであればそのまま一晩おく。
  4. 翌日にはさらにサラサラの砂糖に。

固まった砂糖がそのまま、なかなかほぐれないという場合は追加で霧吹きをワンプッシュしましょう。

一度に何度もシュッシュッとプッシュしないように注意が必要です。水分が多すぎてドロドロになることも。

湿らしたキッチンペーパーを使う

キッチンペーパーを湿らし、砂糖の入った密閉容器のふたの裏につけ、砂糖に水分を与える方法。

  1. キッチンペーパーを2~3cm幅に細長くちぎる。
  2. 水に濡らし、水が垂れないくらいに絞る。
  3. 固まった砂糖が入った容器の裏に貼る。
    (テープを使わなくても表面張力でピタっと張り付きます)
  4. 3時間ほどそのままに。
  5. 砂糖がほぐれていればキッチンペーパーをとる。
    ほぐれていなければもう数時間そのままで。

食パンをちぎって入れる

砂糖が固まらない方法、固まったときの対処法!固まらないようにするには?

食パンの水分が砂糖に加わり、砂糖の固まりを解消してくれます。

  1. 空の密閉容器に食パンを半分ちぎって入れる。
  2. 密閉容器に入れたちぎった食パンの上に固まった砂糖を入れる。
    目安は食パン1枚に対して、砂糖1kg。
  3. 固まった砂糖の上に残り半分の食パンをちぎって入れる。
  4. 蓋をして5~6時間そのままに。
  5. 食パンをとり砂糖をほぐす。

長く砂糖と食パンを一緒にしていると、食パンにカビが発生する原因になります。

キャベツの葉を入れる

キャベツの水分が砂糖に加わり、砂糖の固まりを解消してくれます。

  1. 固まった砂糖を密閉容器に入れる。
  2. 砂糖1カップに対して、キャベツの葉約1/3枚を密閉容器に入れる。
  3. 一晩ほどそのままに。
  4. 砂糖がほぐれているか確認。

砂糖がほぐれておらず、キャベツがしなびていない場合はもう一晩おきましょう。

キャベツの外側の葉は捨てることが多いので、砂糖の固まりを解消するのに使えるとエコですね。

リンゴの皮を入れる

砂糖が固まらない方法、固まったときの対処法!固まらないようにするには?

キャベツに続きこちらもエコ!捨てるリンゴの皮を砂糖に入れるだけで簡単です。

  1. 固まった砂糖の上にリンゴの皮を置く。
  2. 一晩そのままで。
  3. 砂糖の固まりがほぐれたらリンゴの皮を取り出す。

砂糖がほぐれておらず、リンゴの皮がしなびていない場合はもう一晩おきましょう。

新しい砂糖を入れる

固まった砂糖に追加で新しい砂糖を入れて混ぜます!

新しい砂糖は固まっていない砂糖ですよ。量は固まった砂糖と同じ量を入れましょう。

新しい砂糖の水分が固まった砂糖に加わり、かたまりをほぐします。

難易度が高いけどレンジでチン

レンジでチンするのも砂糖がくっついていた水分を飛ばすので効果がありますが、やりすぎると砂糖に熱が加わり溶けることも。

そしてこの方法はグラニュー糖や三温糖など、上白糖以外の砂糖にできます。

今まで説明した方法でも砂糖の固まりがとれない!という場合におすすめします。

  1. 耐熱皿に固まった砂糖を入れる。
  2. 砂糖200gに対してレンジ700W30秒を目安にチン。
    砂糖が溶ける可能性もあるので様子をみながら。
  3. 砂糖がほぐれたら密閉容器へ移す。

やりすぎないように注意しましょう!

砂糖が固まらない方法、固まったときの対処法!固まらないようにするには?まとめ

砂糖が固まらない方法、砂糖が固まったときの対処方法を紹介しました。

砂糖は湿度で表面が溶け、乾燥すると固まります。

砂糖が固まらないようにするには湿度の変化をできるだけ少なくするのがコツ!密閉容器に保管、ちょうどよい湿度を保ってくれるものと一緒に入れておくと砂糖が固まりません。

そして、砂糖が固まってしまった場合は少し水分を加えるだけ。固まった砂糖にイライラすることもありましたが、紹介した方法を試せば砂糖がサラサラになります。

砂糖がサラサラに戻ったあとは再度固まりやすいので、密閉容器でしっかり保存しておくことを忘れずに。早めに使い切ると良いですよ。

砂糖が固まらないように保存できれば、ストレスフリーですね。毎日する料理はストレスなくしたいものです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

1 2

この記事を書いた人

日本文化について学んでいる「ひな」といいます。
春夏秋冬、イベントや慣習がたくさんの日本。
たくさんイベントがありすぎて
「これってどういうこと?」って思うことも。
そんなあなたのお悩みを解決!
四季のお役立ち情報を発信しています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる