MENU

家族が手術 かける言葉はどうしたら良い?かけていけない言葉は?

2020 3/08
目次

家族が手術 かける言葉

家族が手術するときにかける言葉は「あなたのそばにいるよ」という寄り添う言葉「辛い時は話してね」と思いを話して良いんだよという言葉が良いでしょう。

寄り添う、話を聞く

家族は最も近い存在。楽しいことも辛いことも一緒に乗り越えてきました。手術も一緒ですね。

「一緒に乗り越えよう」「ひとりじゃないから、家族を頼ってね」と伝えると、親もほっとするでしょう。

親はあなたの前では辛い姿を見せないかもしれません。強がることも。

「辛い時は話してね」と言葉をかけるだけでも、あなたの前で張っていた気持ちがゆるむでしょう。

親は様々な思いを抱えています。親が思いを表現した際は聞き役に徹しましょう。さえぎったり、否定したりしてはいけません。

親が思いを伝えてくれるのは貴重な機会。他の人には言えないことも、あなたには正直に言えるでしょう。

沈黙もコミュニケーション

沈黙があるかもしれません。沈黙に耐えられず言葉を発しそうになるかもしれませんが、沈黙はあって良いものです。

沈黙は何かを考えたり、思いを整理したり。沈黙も大切なコミュニケーションになります。

聞いた後は何か良い言葉をかけないと、と思うかもしれませんが、無理に声をかけなくても大丈夫。話を聞いて「言ってくれてありがとう」とこたえましょう。

特に手術の前日は、手術にそなえて休息が必要です。会話が長時間にならないように注意しましょう。親の体調もみながら、無理はさせない配慮が必要です。

家族が手術 かけてはいけない言葉

家族が手術 かける言葉はどうしたら良い?かけていけない言葉は?

家族が手術する際にかけてはいけない言葉もあります。

「絶対大丈夫」「頑張って」「簡単な手術」「命にかかわらない」 があります。

絶対大丈夫

手術に「絶対成功する」はありません。手術をうける親も、手術について話を聞いたあなたもよく分かっていますよね。

確証が得られないことに「絶対」はつけないでおきましょう。

頑張って

親は病気を抱えて手術をうける、十分頑張っていますよね。さらに「頑張って」という言葉をかけると「これ以上何を頑張れば良いのか」とプレッシャーがかかります。

また、「頑張って」と言葉をかけても「病気はどうしようもない」「頑張るのは先生だし…自分は受けるだけ…」という反応もあります。

簡単な手術、命にかかわらない

あなたがインターネットで親がする手術について調べ「簡単な手術」「命にかかわらない」と書いてあるのを見るかもしれません。「簡単な手術だから大丈夫だよ!」「死ぬんじゃないんだから!」など声をかけるのは絶対にダメです。

病気によって手術の種類もさまざまですが、どの手術も体への負担がかかるのはもちろん、精神的な心の負担はどの手術でも一緒。

主治医から「手術で良くなること」の一方「手術によって起こるかもしれない良くないこと」も説明されています。不安を抱きながら手術をします。

「簡単な手術」も「命にかかわらない手術」もありませんね。

家族が手術 手紙やSNSで思いを伝えても良い

家族が手術 かける言葉はどうしたら良い?かけていけない言葉は?

改まって面と向かって言葉をかけることができないということもあるでしょう。

緊張もしますし、手術をきっかけに日ごろの感謝を伝えたいなと思っても照れくさくて言えないことも。

手紙やSNSで思いを伝えても良いでしょう。手紙やSNSの方が自分の思いを正直に伝えることもできます。

また、手紙やSNSだと後から読み返すことができるのが嬉しいですよね。

注意なのがあまり長文にならないようにすること。長文になりすぎると「最期の別れ」に感じることも。日常的な内容もあると自然で良いでしょう。

家族が手術 当日にかける言葉

いよいよ手術当日。親もあなたも緊張しますよね。

気持ちが落ち着きませんし、手術前の準備であわただしいかもしれませんが、ただ一緒にいるだけで大丈夫です。

親が手術室に向かう際は「行ってらっしゃい、待ってるね」という言葉をかけましょう。

手術が終わったらあなたが待っていると思うと親は嬉しいですね。

家族が手術 終わったらかける言葉

家族の手術が終わったら「お疲れさま」と声をかけましょう。手を優しく握っても、肩を優しくポンとたたいても良いでしょう。

手術直後だと、ぼーっとしてあなたの言葉にこたえられないかもしれません。次第に意識がはっきりしてくるので大丈夫ですよ。

親に触れることであなたがそばにいるということが分かり、安心するでしょう。

家族が手術 かける言葉はどうしたら良い?かけていけない言葉は?まとめ

家族が手術をうける際かける言葉(手術前・当日・手術後)、かけてはいけない言葉、言葉は手紙やSNSで伝えても良い理由を紹介しました。

  • 家族が手術 かける言葉
    寄り添う言葉、思いを話して良いんだよという言葉
  • 手術前にかけてはいけない言葉
    「絶対大丈夫」「頑張って」「簡単な手術」「命にかかわらない」
  • 手術当日にかける言葉
    「行ってらっしゃい、待ってるね」
  • 手術後にかける言葉
    「お疲れさま」
    手を優しく握る、どこかに触れる

無理に何か頑張ろう、何かしないとと思わなくても大丈夫。親はあなたがそばにいると思うだけでも心強いですよ。

お見舞いの日取り、友引・六曜についても説明しています。

あわせて読みたい
お見舞い 友引は良い?日取りは?大安・仏滅・赤口・先勝・先負も説明
お見舞い 友引は良い?日取りは?大安・仏滅・赤口・先勝・先負も説明大切な人が入院した際、お見舞いに行きたいと思っても「お見舞いは友引に行ったらダメ」「日取りを考えないといけない」と聞きますよね。実際のところどうなのでしょう...

手術する友人にかける言葉、タイミングも紹介しています。

あわせて読みたい
手術する人にかける言葉、友人に。内容やタイミングも説明
手術する人にかける言葉、友人に。内容やタイミングも説明友人が手術することになったら、励ましの言葉をかけたくてもなんて言葉をかけようか迷いますよね。手術をする友人は神経質になったり、不安が強かったり。身体だけでは...

最後まで読んでいただきありがとうございました。

1 2

この記事を書いた人

日本文化について学んでいる「ひな」といいます。
春夏秋冬、イベントや慣習がたくさんの日本。
たくさんイベントがありすぎて
「これってどういうこと?」って思うことも。
そんなあなたのお悩みを解決!
四季のお役立ち情報を発信しています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる