朝と夜の体重どっちが本当?体重差はどのくらい?体重差はなぜ?

目次

朝と夜の体重どっちが本当?

朝と夜の体重どっちが本当かというと、どちらも本当の体重。

ご飯を食べたり、トイレに行ったりで1日の中でも体重は大きく変わります。

朝:トイレに行った後、朝食を食べる前の体重は一番軽い
夜:ご飯後、入浴前が一番重い

厳密な体重管理をしたいなら、朝と夜2回体重をはかるのがおすすめ。

朝の一番軽い状態と夜の重い状態を比べて、食べ過ぎや便秘・代謝の変化はないか指標にもなります。

1日2回も面倒くさい!という場合は朝の体重をはかりましょう。

トイレに行った後、朝食を食べる前に体重をはかれば、毎日同じ体の状態ではかれるので体重の変化が分かりやすいですね。

朝は一番軽い体重なのでダイエットのモチベーションもアップします!

朝はバタバタしてはかる時間がない…という場合は毎日同じ時間・条件ではかると良いでしょう。

朝よりは体重が増えますが、同じ時間・条件ではかれば体重の変化の目安にははります。

体重は服装の重さも大きく関わります。
厚着・薄着と毎日違う服装ではなく、同じ格好やなるべく同じくらいの重さの服装で体重計に乗りましょう。

朝と夜の体重差はどのくらいある?なぜ?

朝と夜の体重どっちが本当?体重差はどのくらい?なぜあるかも解説!

朝と夜の体重差は平均すると500g。汗の量が多いと1kgにもなります。

500g~1kgって大きな体重差ですよね。

朝と夜の体重はなぜあるのが、詳しく説明します。

朝の体重が軽い理由

夜寝ている間も人は汗をかきます。汗の量は約コップ1杯(200cc)程度。汗をかくと体の水分が抜けて体重も減ります。

寝ている間にも尿はつくられているので、起きてトイレに行った後は寝ている間の汗+尿が体の外に出ている状態、一番軽い体重になります。

夜の体重が重い理由

食べたらその分体重は増えるので、ご飯の後は体重が重くなります。

入浴後は汗をかいて体の中の水分が抜けているので、体重がやや軽くなります。

夜はご飯の後、入浴前の体重が一番重くなるということですね。

朝と夜の体重差がないのはなぜ?

朝と夜の体重どっちが本当?体重差はどのくらい?なぜあるかも解説!

朝と夜の体重は500g~1kg程度の差がありますが、「体重差がない!」という日もあります。

「体重差がない」というのもダイエットの指標になりますよ。

体重差がないのは

・飲みすぎ、食べ過ぎ
・便秘
・代謝が悪い

ことが考えられます。

飲みすぎ・食べ過ぎ

外食で飲みすぎ・食べ過ぎた、夜におやつを食べたという場合は、体重差がない、体重が増える可能性が大!

ダイエット中は飲みすぎ・食べ過ぎや夜のおやつは控えましょう。

便秘

便が体のなかにたまればたまるほど体重は増えます。

そして便秘になると代謝が悪くなり、汗をかかなくなるので体重が減らず悪循環に。

腸内環境を整えるのもダイエット成功には欠かせません。

食事内容も腸内環境を整えるのに大切ですが、ストレスや不眠にも注意が必要です。

腸の動きは「副交感神経(夜に身体を休息する、リラックスする神経)」が大きく関わっているので、ストレスや不眠も便秘の原因になります。

代謝が悪い

代謝が悪いと汗をかかなくなります。汗をかかないと体重が減りません。

代謝に大きく関わっているのは自律神経。自律神経は交感神経と副交感神経があります。

交感神経:昼間の活動を活発にする
副交感神経:夜に身体を休息する

代謝を良くするために、生活のリズムを整えることも大切ですね。

朝と夜の体重どっちが本当?体重差はどのくらい?体重差はなぜ?まとめ

朝と夜の体重どっちが本当?体重差はどのくらい?なぜある?体重差がないのもなぜ?についても紹介しました。

  • 朝は体重が一番軽い!
  • 体重差は平均500g。多いと1kg。
  • 汗、トイレ、食べもので体重差がある
  • 体重差がないときは
    食べ過ぎ・便秘・代謝が悪い

体重は1日で大きく変わるので、毎日同じ時間・条件ではかるのが良いですね。

特に朝トイレに行った後は一番体重が軽く、体重の変化の目安にもなります♪

最後まで読んでいただきありがとうございました。

1 2

この記事を書いた人

日本文化について学んでいる「ひな」といいます。
春夏秋冬、イベントや慣習がたくさんの日本。
たくさんイベントがありすぎて
「これってどういうこと?」って思うことも。
そんなあなたのお悩みを解決!
四季のお役立ち情報を発信しています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる