身内が亡くなったら初詣は控えるべき?喪中、神社とお寺の違いも説明します

目次

身内が亡くなったら初詣は控えるべき?神社とお寺の違い

身内が亡くなったら初詣は控えるべきか、神社とお寺で異なります。

神社は忌中のあいだは初詣を控えるべき
お寺は参拝して良い

とされています。詳しく説明しますね。

身内が亡くなったら初詣は控えるべき?神社とお寺、時期の違いも説明します
お寺

神社は忌中の間は初詣を控えるべき

古来より日本では神道が信仰されていました。

神道では死が穢れ(けがれ)とされており他人に死がうつらないよう、忌中の期間は外部との接触を断っていました。

忌中の期間は神道では50日間(五十日祭まで)とされています。

神社は神様がいる清浄なところになります。死は忌み嫌われているため、忌中の期間は神社の鳥居をくぐってはいけません。

しかし、地域や神社によっては喪中1年間は初詣は控えるべきというところもあります。

地域に根付いた信仰が優先されるため、その場合は慣習にならいましょう。

五十日祭とは…
仏教の四十九日の法要にあたる神道の法事。神道では亡くなった人の魂は家庭を守る守護神になるとされています。五十日祭をへて家庭を守る守護神として神棚に迎え入れます。

お寺は参拝して良い

仏教では死は穢れとされておらず、極楽浄土への旅立ちとされています。

お寺は仏教の考えに基づいており、お寺でお葬式が行われることや、お寺によってはお墓があるところも。

お寺は忌中・喪中関係なく参拝できます。

また「故人や先祖に新年の挨拶をする」という考えもあり、お寺の参拝は供養になるとされています。

喪中の続柄の範囲はどこまで

続柄とは血縁関係や婚姻関係をさす言葉になります。

一般的には2親等まで喪に服すと言われていますが、厳密な決まりはありません。

3親等より遠い続柄でも、故人との関係が深ければ喪に服しても良いでしょう。

配偶者夫や妻
1親等父母、配偶者の父母、子ども
2親等兄弟姉妹、その配偶者、祖父母、孫、配偶者の祖父母・兄弟姉妹、その配偶者
3親等曾祖父母、おじ・おばとその配偶者、甥姪、ひ孫、配偶者の曾祖父母
配偶者のおじ・おばとその配偶者
ひなのアイコン画像ひな
次ページでは忌中と喪中の違い、意味と期間について紹介しています。
1 2 3

この記事を書いた人

日本文化について学んでいる「ひな」といいます。
春夏秋冬、イベントや慣習がたくさんの日本。
たくさんイベントがありすぎて
「これってどういうこと?」って思うことも。
そんなあなたのお悩みを解決!
四季のお役立ち情報を発信しています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる