入学祝いのお返しは親、祖父母、兄弟に必要?金額やのし、失敗しないマナーを説明

目次

お祝いのお返しの時期はいつ?金額の相場、何を渡す?

お祝いのお返しは入学式から1週間以内に贈るのが一般的です。

入学祝いのお返しはいただいた金額の1/2~1/3が相場になります。

入学祝いと同等の金額、それ以上のお返しは相手が恐縮するので控えましょう。

お返しに良いもの、控えるもの

お返しものは消えものが良いとされています。食べ物や洗剤、タオルといった日用品。カタログギフトでも良いでしょう。

お返しで控えたほうが良いものは現金やギフトカード、肌着、履物、刃物、日本茶、ハンカチになります。控えたほうがよい理由はこちら。

現金やギフトカードは相手がお金に困っているような印象。
肌着や履物はお祝いの気持ちを踏む。
刃物は縁を切る。
日本茶は法事のお返しとして使われる。
ハンカチには別れという意味。

入学祝いのお返しにのし紙は必要

入学祝いのお返しにのし紙は必要です。祝い事のお返しは「内祝い」といいます。

入学祝いのお返しは親、祖父母、兄弟に必要?金額やのし、失敗しないマナーを説明
お祝いのお返し のしの書き方

①慶事を表す「のし」
②お祝いごとなので水引は「赤白の花結び」(蝶結び)
③お祝いのお返しは「内祝」
お子さんの名前
※内祝よりやや小さめに書きます

のし紙は包装紙の外側にかける「外のし」、包装紙の内側にかける「内のし」があります。内祝いでは「内のし」が一般的になります。

入学祝いのお返しは親、祖父母、兄弟に必要?金額やのし、失敗しないマナーを説明 まとめ

今回は親や祖父母、兄弟に入学祝いのお返しは必要か、お返しが必要な際の金額、品物、のしの書き方といった失敗しないマナーも説明しました。

  • 入学祝いのお返しは基本的には不要
  • お返しは家の風習や地域柄が優先されるため、確認が必要
  • お返しをしなくて失礼と思われることも!
  • お返しは入学して1週間以内
  • 金額は入学祝の1/2~1/3で消えものを
  • のしが必要

入学祝いのお返しは基本的には不要といわれても難しいところですね。

身内とは長い付き合いとなるため、失礼のないようにできると幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

あわせて読みたい
入学祝いはいつからいつまでに渡す?マナーと金額の相場、のしも説明
入学祝いはいつからいつまでに渡す?マナーと金額の相場、のしも説明子どもの成長は嬉しいもの。身内が入学する際に入学祝いを渡しますね。入学祝いを渡そうと思っても渡す期間やマナー、金額はどのくらいか、のしはつけるのか…分からない...
1 2 3
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

日本文化について学んでいる「ひな」といいます。
春夏秋冬、イベントや慣習がたくさんの日本。
たくさんイベントがありすぎて
「これってどういうこと?」って思うことも。
そんなあなたのお悩みを解決!
四季のお役立ち情報を発信しています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる