ホワイトデーのお返しめんどくさい!男性の声とお返しを渡さない、やめる方法

目次

ホワイトデーのお返しをやめる方法

毎年くれるバレンタイン。ホワイトデーのお返しが負担でやめたい…と思いますよね。

ホワイトデーのお返しをやめる方法は、「直接本人に言う」か「何事もなかったかのようにホワイトデーのお返しをしない」があります。

直接本人に言う

直接本人に言う時は「ホワイトデーがめんどくさい」と言ってはNG! 「ホワイトデーだけなしにしよう」もダメですよ! この言い方だとケンカや大ごとになる可能性があります。

「バレンタインで自分のことをかんがえてあなた(女性)が準備するのが大変だと思う。お返しを選ぶのも大変で。」とあくまでも「女性が大変だからバレンタインも無しに」ということを強めに伝えたほうが角が立ちづらいです。

実際バレンタインを大変に思っている女性もいるので「私の気持ちをくみとってくれたんだ」と思います。

やめると伝えるタイミングはホワイトデーのお返しをするとき!

「え!お返しするの?」と思うかもしれませんが、女性はバレンタインで渡したプレゼントに何かしらお返しがほしいもの。お返しを渡して「来年からなしにしよう」と言うのが良いでしょう。

何事もなかったかのようにホワイトデーを過ごす

ホワイトデーのお返しについて触れない、何事もなかったかのようにホワイトデーを過ごすです。

しかしこの方法もリスクがあります。

ひな
女性はホワイトデーのお返しをくれないと「なんで?」ととても気になります。

ホワイトデーのお返しをくれなかったと女性同士で共有していたり、「くれないってことは私が何か悪いことした?嫌われている?」と悩み相談していることも。

バレンタインを渡したらホワイトデーのお返しをするのがセットとなっているため、お返しをくれない=おかしい!と考えてしまいます。

女性からホワイトデーの催促をされるかもしれません。催促されてからホワイトデーのお返しについて話しても良いでしょう。

女性もあなたのことを考えてあえてホワイトデーのお返しに触れないこともあります。

あわせて読みたい
ホワイトデーのお返しをくれない彼氏!3つの理由とあなたの対応方法
ホワイトデーのお返しをくれない彼氏!3つの理由とあなたの対応方法彼氏のために準備してプレゼントを渡したバレンタイン。ホワイトデーが近づき、お返しは何かな~と期待をしながら当日を迎えて…「なにもくれない」!ショックですよね。...

お返しがめんどくさいけど渡さないといけない!簡単に準備する方法

ホワイトデーのお返しがめんどくさいけど渡さないといけない!というあなた。

お返しでいろいろ考えるのがめんどくさいんですよね。

だったらいろいろ考えずに、コレ!というものを返せば良いのです。

お返しはチョコで十分。ホワイトデーの時期になるとスーパーやコンビニでお返し用のチョコが並んでいます。そこから予算に合うものを買えば良いです。

お高いチョコを返そうと思うならGODIVA。GODIVAは基本的にはスーパーやコンビニで販売されていませんが、バレンタインやホワイトデーで一時的に販売されていることが多いです。

高くなくても良いのであればブラックサンダーでもチロルチョコでも。
義理チョコや友チョコでももらうものですが、同じものを返しても良いでしょう。

ホワイトデーのお返しめんどくさい!男性の声とお返しを渡さない、やめる方法 まとめ

今回はホワイトデーのお返しがめんどくさい男性の声、お返しをしなくても良いか、ホワイトデーをやめる方法からめんどくさいけど楽に買う方法も紹介しました。

  • ホワイトデーのお返しがめんどくさい男性はいる
  • お返しはしなくても良いけどメリット・デメリットあり
    メリット:めんどくさくない
    デメリット:女性との関係が悪くなる
  • お返しをやめるには「直接言う」か「何も触れず返さない」
  • めんどくさいけどお返しを買わないといけない時
    スーパーやコンビニにあるお返しゾーンからチョコを選ぶ

この記事を読んでホワイトデーのお返しをしても良いかなと思ったあなた!

ホワイトデーのお返しをするお菓子には意味があります。知っておかないと損!こちらの記事に詳しく書いているので読んでくださいね。

あわせて読みたい
ホワイトデー お返しの意味!金平糖/バームクーヘン/マドレーヌ/飴玉など徹底紹介!
ホワイトデー お返しの意味!金平糖/バームクーヘン/マドレーヌ/飴玉など徹底紹介!バレンタインにプレゼントをもらうと、悩むのがホワイトデーのお返し。「あのお菓子で良いか」と適当にきめちゃダメ!ホワイトデーのお返しはお菓子によって意味がある...

最後まで読んでいただきありがとうございました。

1 2 3
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

日本文化について学んでいる「ひな」といいます。
春夏秋冬、イベントや慣習がたくさんの日本。
たくさんイベントがありすぎて
「これってどういうこと?」って思うことも。
そんなあなたのお悩みを解決!
四季のお役立ち情報を発信しています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる