MENU

節分でいわしの地域はどこ?頭を飾る、食べる意味は?由来も説明!

2019 12/30

節分といえばイメージが強いのは豆まき。

地域によってはいわしの頭をひいらぎの木の枝に刺したものを玄関に飾る、柊鰯(ひいらぎいわし)・ 焼嗅(やいかがし)という風習、いわしを食べる地域もあります。

今回はいわしの頭をひいらぎの木の枝に刺す風習、いわしを食べる地域はどこか、意味や由来も説明します。

1 2

この記事を書いた人

日本文化について学んでいる「ひな」といいます。
春夏秋冬、イベントや慣習がたくさんの日本。
たくさんイベントがありすぎて
「これってどういうこと?」って思うことも。
そんなあなたのお悩みを解決!
四季のお役立ち情報を発信しています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる